耐えられない脇の匂い

夏になると特に気になる脇の匂い
だけど匂うのは夏だけではありません。
冬でも匂うときもあります。ワキガの匂いがすると、どんなに素敵な人でも好きな人でもあまりいい印象をもてなくなります。

あまり匂いがきついと、あまり近くにも寄れなくなってしまうことがあります。
同世代の普通の女の子で対策していない人がいたりするので、その人たちは、自分で匂わないのか、周りのことは気にならないのか、恥ずかしくはないのかとものすごく不思議な気持ちになります。

それから、知り合いだけでなく、電車や新幹線などで近くの人の脇の匂いのが強いと、本当に辛いです。
動きたくても動けなかったりする状況だと、一人で勝手に腹が立ってしまいます。

そんな嫌いな脇の匂いですが、私自身が周りの人にかがせてしまうことがないよう、一年中気をつけています。脇の下用のデオドラントクリームや制汗スプレーは年中手放せません。

年々良いものが出てきているので、今使っているグッズはお気に入りのものになっていて、ものすごく助かっています。基本的には朝出かける前にスプレーしたり、クリームを塗ったりすれば1日匂いを心配する必要がないので安心です。

ただ夏などは、毎朝のケアとともに、汗をたくさんかいた時には携帯用のデオドラントシートなどを使って、脇の匂いだけはさせないようにします。夏に汗をいっぱいかいて多少汗臭いのはしょうがないけれど、脇の匂いがするのはご法度だと思っています。

お通じをよくする健康づくり

私がおすすめする健康づくりは、お通じをよくする方法です。私が実践しているものを、いくつかご紹介したいと思います。

○ケロッグのオールブランを食べる
これはかなりおすすめの商品です。試に1箱を2日で完食したのですが、翌日のお通じがありえないほど大量でした。しかもスルスルっと出てくれました。下剤と違ってお腹が痛くなることもないので、とてもおすすめです。私は朝食にしましたが、香ばしくて美味しいので、おやつ代わりにもなります。

○整腸剤を継続して飲む
ビオフェルミンが有名ですが、整腸剤ならどんなものでも良いです。大切なのは、下剤ではなく整腸剤を飲むこと。そして継続して飲むことです。良い菌がお腹に常にいる上体にすることが重要なので、重いつきでたまに飲んでも効果がありません。

○水を1日1リットル以上飲む
モデルの人は1日4リットル飲むと聞きますが、私は苦しくなるので1日1リットルと決めています。職場でもデスクの上に常にペットボトルを置いています。朝いちばんは冷たい水の方がお腹が刺激されてお通じがよくなりますが、本当はお白湯がいいそうです。私は朝いちばんにコップ1杯の冷水、それ以外は常温の水を飲んでいます。

○腹筋を鍛える
腹筋がないと、ふんばる力も出ないので、せっかくお通じをよくしても排出することができません。実際、腹筋を鍛えるようになってからスルッと出るようになりました、腹筋といっても上体起こしをバリバリする必要はなく、仰向けのまま呼吸法でインナーマッスルを鍛えれば十分です。

以上が私の実践している健康づくりです。”