カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

お通じをよくする健康づくり

私がおすすめする健康づくりは、お通じをよくする方法です。私が実践しているものを、いくつかご紹介したいと思います。

○ケロッグのオールブランを食べる
これはかなりおすすめの商品です。試に1箱を2日で完食したのですが、翌日のお通じがありえないほど大量でした。しかもスルスルっと出てくれました。下剤と違ってお腹が痛くなることもないので、とてもおすすめです。私は朝食にしましたが、香ばしくて美味しいので、おやつ代わりにもなります。

○整腸剤を継続して飲む
ビオフェルミンが有名ですが、整腸剤ならどんなものでも良いです。大切なのは、下剤ではなく整腸剤を飲むこと。そして継続して飲むことです。良い菌がお腹に常にいる上体にすることが重要なので、重いつきでたまに飲んでも効果がありません。

○水を1日1リットル以上飲む
モデルの人は1日4リットル飲むと聞きますが、私は苦しくなるので1日1リットルと決めています。職場でもデスクの上に常にペットボトルを置いています。朝いちばんは冷たい水の方がお腹が刺激されてお通じがよくなりますが、本当はお白湯がいいそうです。私は朝いちばんにコップ1杯の冷水、それ以外は常温の水を飲んでいます。

○腹筋を鍛える
腹筋がないと、ふんばる力も出ないので、せっかくお通じをよくしても排出することができません。実際、腹筋を鍛えるようになってからスルッと出るようになりました、腹筋といっても上体起こしをバリバリする必要はなく、仰向けのまま呼吸法でインナーマッスルを鍛えれば十分です。

以上が私の実践している健康づくりです。”

ダイエット中も満足できる食事をとる

ダイエットの食事ダイエットをしてはリバウンド、ダイエットしてはリバウンド、といつまでも繰り返してきました。お金をかけて購入したサプリやダイエット食品たち。一番悔しいのはダイエットに費やしたお金は戻ってきません。なので私は一切お金をかけないでダイエットすることを決めました。そして、苛酷な運動もなし。そんなわがままダイエットです。

ダイエットにいいと言われる食材は好きでしょうか?好きなものなら買いましょう。私はダイエットにいいと言われる食材を片っ端から食べていましたが続きませんでした。豆乳が一番辛かったかもしれません。大嫌いな豆乳をダイエットのために飲んで、嫌々買って、切らしてしまってわざわざ買いに行くなんてばからしくなったんです。

ちなみに私はあっさりやっぱりしたメニューは控えました。満足感に欠けてしまってまだ何か食べたくなる、食べるの繰り返しがまた太るんです。私の場合、大量に食べられないものを食べることが多いです。あぶらがたっぷりのホルモンが一番いいと思っていたんですが、歳をとってくると焼き肉でも良くなりました。

ここで私が勝手に思い込んでいるですが、炭水化物を抜いた食事は確かに痩せます。焼き肉にはごはんが欲しい、と思いながらも肉をひたすら食べていた私は痩せました。夕飯だけ炭水化物を抜く、朝食と昼食はしっかり食べたいものを食べることが私のダイエットのやり方です。お菓子だってしっかりいただいています。あまりにダイエットを意識するとお金と時間がかかりますし、ストレスがたまりますよね。せっかく痩せてもイライラしていたら何も嬉しくありませんでした。満足いく食事をどれだけダイエットに近づけることができるか考えるとダイエットに繋がっていくと思っています。