カテゴリー別アーカイブ: 美容

美容液の選び方間違えていませんか?

6店に行くと美容液がたくさん並んでいますね。あまりにも種類が多いのでどれにするか迷いませんか?ここでは美容液を選ぶ時のポイントについて解説します。

・天然成分

 美容液は毎日使用するものです。ですから、肌に安全であるものを選びたいですよね。化粧品には肌に害があるものがよく含まれています。例えば、界面活性剤や着色料、香料、防腐剤など。商品のパッケージをよく確認しておきましょう。そして可能ならば、こうした成分が含まれない無添加のものをチョイスするとよいでしょう。それから、天然成分が配合されている美容液も肌に優しいのでお勧めです。

・ビタミンC

 美容液に配合される成分の中で注目したいのが、ビタミンCです。ビタミンCはメラニンの生成を抑える事で美白に効果があります。また角質の天然保湿因子のバランスを整えてコラーゲンの生成に関係しますから、シワや保湿に効果が期待できます。

・浸透力

 美容液の中にどんな成分が含まれているかはとても重要になります。でも、その成分が単に配合されているだけでは意味はありません。大事な事はいかに肌に浸透するかです。どんな高価な美容液を使おうが、それが肌に浸透してくれないと効果はないのです。そのため、現在では肌への浸透率を上げるために成分のナノ化や微細化が進んでいます。美容液は毎日使用するものですから、特に敏感肌の人やアレルギーを持っている人は注意して美容液を選ばないと肌に逆効果になる可能性は十分あります。肌に優しい美容液を選ぶようにしましょう。

松江で人気の脱毛サロンを探しているなら
脱毛松江人気ランキング

女性ホルモンのバランスが美容に与える悪影響。

女性ホルモンと美容は密接な関わりがあります。女性ホルモンが乱れると女性の美容と健康に悪影響を与えます。ここでは女性ホルモンと美容の関係について解説します。

5・ホルモンバランス

 ホルモンのピークは20代から30代が一般的です。しかし、生活習慣が不規則であるとか不健康なダイエットなどをしているとホルモンのバランスを崩します。ホルモンのバランスが悪くなるとどういった影響があるのでしょうか。それは生理周期が乱れるとか体毛や髭が濃くなる、肌のキメが荒くなるなどの症状が出てきます。ホルモンバランスと言うとイソフラボンなどの植物性の女性ホルモンの働きに似た成分が注目を集めています。以下に紹介します。

・プエラリアミリフィカ

 タイの北部に自生する植物です。エストロゲンとよく似た性質を持つ物質が含まれています。かなり強く女性ホルモン作用がある事が分かっています。強力であるので他の薬やハーブを合わせて飲むのは気を付けてください。

・ブラックコホシュ

 北米の先住民が使っていた薬草です。トリテルペン配糖体が女性ホルモンを補助してくれます。アメリカでは月経前症候群や更年期障害に効果があると親しまれています。強い治療薬なので他の薬やハーブと一緒に飲むのは注意が必要です。

・レッドクローバー

 イソフラボンを含んでいます。エストロゲンのような作用があります。その他にもクズやカンゾウなどのマメ科の植物にも女性ホルモンに似た作用が含まれているものがあるようです。ホルモンと美容の関係に気づいていただけたでしょうか?女性ホルモンのバランスを整えて美容効果を実感しましょう。